02

海外では意外な日本語が知られていることがあります。ここでは二つの言葉をご紹介します。

今一番話題なのが「BENTO=弁当」です。ここ数年で日本のお弁当がかなり欧米で話題になっているらしく、BENTOやBENTO BOXという言葉がかなり市民権を得ているのだそうです。もちろん、欧米にもお弁当的なものはあるわけですが、それは例えばシンプルなサンドイッチだったりするわけで、それから比べると日本のキャラ弁はかなり異質なものに見えるのでしょう。例えばフランスでは日本の漫画やアニメがかなり受け入れられていますが、同様にBENTOも大人気です。私たち日本人は、弁当の本場日本の国民ですから、弁当には誇りを持っていきたいところですね。

「Kawaii=かわいい」という言葉も、日本ならではの概念として海外で受け取られて、面白がられているようです。わかりやすい例としては、かつてNHKの番組で「東京カワイイTV」というものがありました。「可愛い」について少し斜めから見つめ試みが大変興味深い番組だったわけですが、この番組には日本の「Kawaii」に関心を寄せる多くの外国人も登場しました。例えば驚くべきことに、スウェーデンにギャル文化が浸透しつつあるというのです。実際に日本のギャルのような格好をしていて、番組取材時には東京にやってきて、原宿や渋谷で「かわいい、かわいい」と可愛いを連発していました。こういった何気ない言葉が知らぬ間に海外で浸透しているのは、なんとも興味深いことですね。